*

オイリー毛穴の特徴とケアの仕方

毛穴が目立つことを気にして、お金をかけて毛穴ケアをしている人が多いと言われています。
ただ闇雲にケアをしても、肌質にあった対処法をしなければ効果が出ないどころか反対に症状を悪化させてしまうことになりかねないのです。
肌質には、乾燥肌や普通肌、オイリー肌などがありますがここではオイリー肌における毛穴の特徴とケアの仕方について説明していきます。

そもそもオイリー肌というのは、脂性のことで皮脂から過剰に脂が分泌されて四六時中てかってしまう状態のことです。
こうした肌質と毛穴の関係はというと、通常よりも多くの脂が出てしまうことでそれが空気中の酸素や毛穴の汚れなどと混ざり合い、黒くなります。
そうなると、毛穴が目立つようになるというわけです。

原因は、遺伝や体質だという人もいますがそれ以上に食生活がおもな要因です。
ファストフードやカップラーメンなど、脂肪分が多く含まれている食べ物ばかりを摂り続けていると体内に脂肪がため込まれ、そこから肌の表面に現れてかりやべたつきが目立つようになります。

では、どのようにして対処すればよろしいのでしょうか。
まず、基本的なことですが自身の肌質をしっかりと把握することです。
洗顔フォームには、様々な種類がありますので例えば乾燥肌の人がオイリー肌専用のものを使っても、効果はあまり期待できません。
そのため、自分がどういった特徴なのかを理解することから始めなければならないのです。

また、乾燥し過ぎてしまうと過剰に脂分を分泌するようになってしまいますので、できるだけ乾燥を防止しなければなりません。
どうすれば良いのかというと、洗顔後にしっかりと化粧水や乳液を塗り込むことです。

この場合、ヒアルロン酸が豊富に配合されている商品を使うとより効果的です。
ヒアルロン酸には、1グラムに大量の水分を抱え込むことができますので、乾燥対策にはもってこいと言われているのです。
特に夏になると毛穴が目立つことがありますので、注意することが大切です。

関連記事

毛穴の黒ずみを解消する石鹸選びのポイント:吸着力の強さ

慢性的ないちご鼻で小鼻と鼻の頭の毛穴が黒ずんでいてファンデーションの馴染みが悪く毛穴落ちする

記事を読む

no image

むやみに毛穴を吸引すると危険な理由

鏡は毎日見るものですから、ご自分の肌に悩む事もあるでしょう。乾燥肌やニキビ、シミなどのお肌トラブルは

記事を読む

no image

温めて毛穴を開き、冷やして引き締めるという温冷パックも汚れは落とせても毛穴のサイズは変わらない

お肌は温めることで血行が良くなり代謝が促進されます。肌トラブルの原因として大きいのが血行の悪さ、血液

記事を読む

no image

正しい小鼻の毛穴のお手入れ方法とは

お顔の中央に位置する鼻は目につきやすいところでもあって、小鼻の毛穴がゆるんでいるとかくすんでいるなど

記事を読む

no image

敏感な肌の人におススメの毛穴ケアアイテムとは

敏感な肌の方で毛穴の開きで悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 強い紫外線や摩擦

記事を読む

毛穴の特質と開いた毛穴のお手入れ方法とは

開いた毛穴に思い悩んでいるといった人はたくさんいらっしゃるのではありませんか。 開いた毛穴

記事を読む

メラニンが沈着した毛穴の特徴、皮脂が酸化した黒ずみ毛穴との違いについて

肌を見た時に黒ずんだ毛穴が気になる方も多いことでしょう。 これは皮脂、汚れなどが酸化して角

記事を読む

乾燥肌のための角栓ケアと毛穴ケアについて

乾燥肌にはあらゆるトラブルがつきまといますが、毛穴の開きもその一つです。 悩まされている方

記事を読む

肌が老けると毛穴の開きが目立ってくる理由

肌の老化現象には様々なものがありますが、毛穴の開きもその一つです。 ファンデーションを塗る

記事を読む

no image

たるみ毛穴の特徴とケアの仕方

シミやくすみや乾燥小じわやほうれい線などエイジングサインには様々なものがありますが、たるみ毛穴もその

記事を読む

毛穴の特質と開いた毛穴のお手入れ方法とは

開いた毛穴に思い悩んでいるといった人はたくさんいらっしゃるので

毛穴の黒ずみを解消する石鹸選びのポイント:粒子の細かさ

毛穴の黒ずみは気になることですが、そのためにはしっかりとした洗

毛穴の黒ずみを解消する石鹸選びのポイント:吸着力の強さ

慢性的ないちご鼻で小鼻と鼻の頭の毛穴が黒ずんでいてファンデーシ

毛穴の広がりが気になる…それって老化かも!

毛穴の広がりが気になるという時には、肌の老化が原因かもしれませ

毛穴のテカリ予防と石鹸選びのポイント:皮脂抑止力

毛穴のテカリを予防するためには、毛穴の奥の汚れや余分な皮脂をし

PAGE TOP ↑